くらし情報『こんなとき、家族がいればなぁ。「おひとりさまの不便」激あるある』

こんなとき、家族がいればなぁ。「おひとりさまの不便」激あるある

2018年1月13日 18:00
 

目次

・1. 部屋の模様替えに挫折(家具の移動がね…)
・2. うっかりな身なりのまま外に出ちゃう
・3. 料理も食材も余りまくるし
・4. 無駄遣いを止めてくれる人がいない…
・5.誘いや紹介を断る「うまい言い訳」がない
・6. 本音で話せる場が少なくなり、勝手に気疲れ
こんなとき、家族がいればなぁ。「おひとりさまの不便」激あるある


仕事も趣味もあるし、大抵の家事や難しい配線も自分でできるし、ひとりでもそれなりに楽しく平穏にやっていける、おひとりさま。ただ、結婚願望があまりない人でも、時々は「こんなときは、家族がいればなぁ」と思ってしまう瞬間もあるみたい。それはどんなとき?みんなの声を集めてみたよ。

1. 部屋の模様替えに挫折(家具の移動がね…)

こんなとき、家族がいればなぁ。「おひとりさまの不便」激あるある


「もっと部屋を居心地よくしたい」「気分を変えたいから模様替えしよう」と思い立ち、手をつけ始めたところで気づくのが、大きな家具をひとりで動かせない…という事実。ベッド、机、テレビ台、衣装チェスト、等々。

引きずって床を傷つけるわけにもいかないし、そんなわけで結局、途中で断念し、元の配置のまま、なんてことも。「2人以上で組み立ててください」という組み立て家具だって、基本的にはひとりで格闘して完成させたりするんだけどね。

2. うっかりな身なりのまま外に出ちゃう

こんなとき、家族がいればなぁ。「おひとりさまの不便」激あるある


スカートがめくれていた、チャックを開けたままだった、カーラーがセーターに付いてきた…なんて”うっかり”は、誰にでもたまにあることかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.