くらし情報『【九星フラワー占い】二黒土星の1月の運勢は「色っぽい関係」』

【九星フラワー占い】二黒土星の1月の運勢は「色っぽい関係」

2018年1月5日 00:08
 

関連リンク

・畳の部屋を、和風テイストなおしゃれなワンルームに【プチDIY女子達のお部屋案内】
・できる大人のマナー。飲み会後のお礼メール作法
・軽んじられてばかりの私 旦那を尊敬できません【心屋仁之助 塾】


今月は、新年ということもあって、世の中に「気をひきしめてビシッとスタートしよう!」という空気感が色濃く漂っていますが、星それぞれに自分らしいペースがあります。どんなスタートが幸運を招くのか、中国の運勢鑑定法・九星気学で読み解きお話しします。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

ほかの星よりも寒さがつらく感じられる

この冬の寒さの厳しさはだれにとっても同じですが、今月の二黒土星は体が冷えやすいので、健康には要注意です。新年あけから、風邪やインフルエンザで動けないというのは、出鼻をくじかれるような残念さがあるのではないしょうか。もちろん、無理をしてしまうのはいけません。病気になってしまったら、焦らずに、しっかり睡眠をとってください。

 

心の不調は体を温めることで乗り越えて

また、もし健康に問題がないと思っていても、気持ちが不安定になりやすく、それが人間関係に影響してしまうかもしれません。父親や年上の男性、上司とのコミュニケーションにはとくに気をつけてください。

ところで、私たち現代人は「体の問題は体に原因があり、体に働きかけて解決する。心の問題は心に原因があり、心に働きかけて解決しよう」と思いがちですが、病は気から(体の病気は気持ちから)という言葉があるように、体と心はひとつにつながっていて、お互いのコンディションが大きく影響します。

ですから、心のモヤモヤ、人間関係の冷えも、体を温めることが改善のポイント。日中の服装だけでなく、夜はシャワーですまさずに、お風呂につかること、また、朝一番に白湯を飲むことをおすすめします。

 

気になるラブ&マネー運は?

人間関係というか、恋愛の方面の話でもありますが、友達以上恋人未満の男性がいたら、色っぽい関係に進むことがかもしれません。不倫関係の誘惑があるかもしれませんが、人に知られてしまう心配があるので、ふみとどまってください。いつも以上にさみしい気分になっているので、「つい…」とならないように、要注意です!金運についてですが、今月は思わぬ出費があることも考えられ、あまりいいとは言えません。

「なんだか、すべてが悪いみたい」と心配になるかもしれませんが、どれか1つ、普段気にいていることにダメージが出るかも、と思って少し慎重になっていれば、大ごとにはならないはずです。

 

今月のラッキーアイテムをチェック!

ラッキーカラー:モノトーンでまとめてシックにきめるのが正解。時計はお守りがわりに身につけて。

ラッキーフード:ブイヤベースで体を温めて!

ラッキーパーソン:お医者さんがラッキーパーソンなので、体調が悪い時は早めに受信するのが正解。

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

※全体の運勢を知りたい人はこちらへ( https://otonasalone.jp/50124/ )

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.