くらし情報『子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く』

子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く

2018年1月14日 16:00
 

目次

・産まずに成熟する脳、産んで成熟する脳
・産んだ女性は「アンフェア脳」、産んでいない女性は「公平脳」
・無駄な脳はこの世に一切ない
・子どものいない100人以上の本音を明らかにした初めての本!
子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く


「ただ聞いてほしい女」と「すぐに解決したがる男」。

これは男性脳と女性脳の違いから起こることだと聞く。だから女性の話を、「わかるよ」「そうだね」「大変だったね」と共感して話を聞いてくれる男はモテるという。

一般的に男性は論理を重視した「目的脳」、女性は感情を重視した「共感脳」だと言われている。では同じ女性でも、出産の有無で脳に違いは出るのか?その疑問を胸に脳科学の先生に伺ったところ、驚きの事実が発覚した。

産まずに成熟する脳、産んで成熟する脳

脳科学の専門家であり、感性アナリスト、人工知能研究者の黒川伊保子氏によると、女性脳には二種類の成熟の仕方がある。それは、「産まずに成熟する脳」と「産んで成熟する脳」。この二つは別の成熟の仕方をし、それぞれに特性があるという。では、具体的にどのような違いがあるのだろうか。

子どもを産まないうちは、あれしてこれして、その間にあの処理をしようと、段取りの文脈が長くて詳細にとれる。未産女性の脳は、突き詰めてものを考えられるけど、途中でトラブルが起きたりじゃまが入って、その通りに進まないと苛立ちが大きくなりやすい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.