くらし情報『三田寛子、トップオブ梨園妻の地位を不動にする「好感度自慢3ヵ条」とは』

三田寛子、トップオブ梨園妻の地位を不動にする「好感度自慢3ヵ条」とは

2018年1月12日 21:00
 

目次

・アラフォー自慢の師匠、三田寛子
・自慢は相手が悪いのか?
三田寛子、トップオブ梨園妻の地位を不動にする「好感度自慢3ヵ条」とは


私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があげられると思います。

やれ一人で焼肉食べに行ったとか、やれ家に盗聴器がないか、年に二回は検査するなど、「恵まれているように見えるかもしれませんが、実際はそんなことないですよ」アピールが頻繁に行われています。視聴者がリア充を嫌うので、それにあわせての苦肉の策でしょう。ことさらに自分を下に見せることをサゲ盛りと私は呼んでいますが、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という諺があるとおり、日本では自分をひけらかすことをよしとしない風潮があるように思います。

が、平成もまもなく終わろうとしている今日この頃、私は思うのです。

アラフォーはサゲ盛りするな、自慢しろと。

アラフォー自慢の師匠、三田寛子

それを教えてくれたのは、今やトップオブ梨園妻・三田寛子でした。

「花の82年組」としてデビューし、歌舞伎俳優・中村芝翫と結婚。成駒屋の若奥様としてこれまでほとんどテレビに出なかった三田ですが、芝翫と三人の息子の襲名を機に、テレビに出始めます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.