くらし情報『オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題』

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

2018年2月16日 21:00
 

目次

・アラフォー婚活女性よ、男性観を見直そう
・ホメても、オトコのプライドは満たされない
オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題


オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題


女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互いの健康に気を遣いつつ(以下略)」と発表していました。民法が定める結婚の相互扶助の精神からいうと、人生が終わりに近づきつつあるときに、結婚は真価を発揮するのではないでしょうか。これからも、熟年世代の結婚は増えていくと思います。

アラフォー婚活女性よ、男性観を見直そう

となると、結婚願望のあるアラフォー世代の女性にさしせまって必要なのは、男性観のアップデートではないでしょうか。20年も前に刷り込まれた知識が有効か、再検証する必要があると思うのです。

たとえば、オトコのプライドという概念。
オトコのプライドを守るために「オトコをしのいではいけない」とか「オトコをほめろ」といった教えを目にしたことがあるアラフォー女性は多いはずです。

総じて男性の収入が高く、終身雇用で、給料も右肩上がりの高度経済成長期の時代には、オトコのプライドとやらを立てて結婚すれば、女性側の生活も安泰という意味でメリットはありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.