くらし情報『美しい歩き方には6つのコツがあった。そもそも日本人は全員間違えてる』

美しい歩き方には6つのコツがあった。そもそも日本人は全員間違えてる

2018年2月19日 16:00
 

目次

・結論・みんな歩き方の指導はいちど受けるべき
・正しく立つと「大丈夫なのか」と思うくらい身体が反る
・続いてウォーキング6原則です
・果たしてレッスンのコスパはどうなのか
美しい歩き方には6つのコツがあった。そもそも日本人は全員間違えてる


美しい歩き方には6つのコツがあった。そもそも日本人は全員間違えてる


こんにちは、特に運動もしないのに3年前に突然立てないレベルの膝痛( https://otonasalone.jp/15393/ )に見舞われたOTONA SALONE編集部井一です。腰痛歴20年、5年前には見事な椎間板ヘルニアと診断されましたが、その後ヘルニア部分が自然消失しました。でも、膝は相変わらず痛いし、肩も背中も腰も全部痛いです。

お年寄りでしょうか。

ある日、「誰でも1回で?!ミス・ユニバースの様な華のある優雅な歩き方ができる!」という講座の案内が届きました。自分の姿勢が悪いことは長年自覚していましたが、そういえば「歩き方」を習ったことがありません。案内をよく読むと「O脚改善」という文字もあります。編集部の金沢がモデルをかって出てくれたので、いっしょに行ってみたところ、そこには衝撃の発見が!

結論・みんな歩き方の指導はいちど受けるべき

美しい歩き方には6つのコツがあった。そもそも日本人は全員間違えてる

櫻田千晶先生

今回の先生、櫻田千晶先生は仙台市で「airseaウォーキングスタジオ」を主宰しています。この2月からは東京でも5回1クールのレッスンが開講されることに。

私はウォーキングそのものが初体験なので、櫻田先生のメソッドがこの世界でどういう位置づけなのかが正直わかりません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.