くらし情報『もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点』

もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点

2018年2月21日 11:30
 

目次

・テレビのワイドショーで気がついたモラハラ被害
・実家に戻り、離婚後の生活を準備
・自力で解決せずに、専門家に相談を!
もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点


もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点


少し前、芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になった「モラハラ」。モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、態度や言葉によるいやがらせを繰り返し、被害者に大きな不安や苦痛、恐怖を与えます。実は一見優しそうに見える旦那様がモラハラ夫だったというケースは少なくありません。今回は、45歳でモラハラ夫から逃げた女性のケースをお話します。

テレビのワイドショーで気がついたモラハラ被害

A子さんが私のところに相談に来たのは1年前。A子さんは、大手金融機関に勤める10歳年上のご主人と2人暮らし。週に1回程度、近所のお花屋さんでパートをする程度で基本的には専業主婦生活を送っているとのことでした。

そんなA子さんのお悩みは、結婚10年目にして夫が「モラハラ夫」だと気がついたというのです。結婚生活を振り返ってみると、常に緊張していて、どこか違和感を感じていたらしいのですが、家庭のことを、親戚にも友人にも話してはいけないと常に夫から言われていたので、A子さんは、違和感を誰にも話さずにきたそうです。

ある日、テレビのワイドショーで芸能人のモラハラ問題を取り上げていたのを見たときに、「まさに私と同じだ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.