くらし情報『岩井志麻子「美人」でも「キレイ」でもない、40女の生きる道』

岩井志麻子「美人」でも「キレイ」でもない、40女の生きる道

2018年3月27日 21:00
 

目次

・まずは美人、可愛いと言われたい
・「いい女」という、中年女の活路
・「いい女」の基準はぼんやりしているから
岩井志麻子「美人」でも「キレイ」でもない、40女の生きる道


岩井志麻子「美人」でも「キレイ」でもない、40女の生きる道


「いい女」といわれたい。そりゃまぁ、たいていの女はそう願うとは思うけれど。

特に最近、その気持ちが強くなってきたと感じたら。ずばり、あなたは四十路になったのです。

そしてあなたはもはや、美人」「きれい」といわれることはあきらめたのね。

まずは美人、可愛いと言われたい

ぴちぴちの女子高生、女子大生、二十代半ばまでの女は、「いい女と呼ばれたい」が一番には来ない。

美人といわれたい、可愛いと噂されたい、きれいと誉められたい。それらが先に来るものよ。

美の基準、好み等々で、人によって多少は評価が違ってくるとはいえ、「美人」というものはかなりはっきりとした型がある。

「可愛い」はもっと広い範囲にまたがるので、若い女は美人評価がやや苦しいと自覚すれば可愛い路線、あるいはカッコイイ路線を目指す。

あと若い女はまだ顔立ちが定まらず、これから変身、変貌の余地がある。

整形なんかしなくても化粧やダイエット、美容法で垢抜け、場所も人間関係もリセットしたら、最初から美人として再出発できる可能性も大いにあるわけよ。

「いい女」という、中年女の活路

しかし、顔立ちも周りの評価も定まった中年女は、もはや美人の称号が得られない、この先もないわとなれば、可愛いではなく「いい女」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.