くらし情報『【12星座ランキング】普通に見えて実は…!?隠れオタク星座』

【12星座ランキング】普通に見えて実は…!?隠れオタク星座

2018年3月29日 17:00
 

関連リンク

・【レイヤー図鑑】『ラブライブ! 』の南ことりに扮したレイヤー「好きなキャラになりきる」
・【インタビュー】タイ&オリビア森崎ウィン、スピルバーグ監督の貴重な現場で得たこととは?
・アンガールズ、衣笠祥雄さん追悼 ともに広島出身で大のカープファン




何かにハマって夢中になることは悪いことではありません。しかし、健康オタクや美容オタクならともかく、ゲームオタクやアニメオタクは、周りに子供っぽい印象を与えてしまうような気がして隠している人も多いようです。今回はそんな隠れオタクっぷりを12星座でランキングしてみたいと思います。

 

12星座中、もっとも「隠れオタク」なのは……?



 

 

1位・オンとオフを使い分けるおとめ座
夢見がちなおとめ座は、現実で嫌なことがあるとゲームやアニメ、漫画の世界に飛び込みたくなってしまいます。休日はどっぷり夢の世界に浸り、月曜日になるとパッと切り替えて現実世界へ。オンとオフをきっちりと使い分けるため、どんなにディープなオタクでも周囲にバレることはまずないでしょう。隠れオタク度ナンバー1です。特に仕事関係の人には自分のオタク趣味を絶対に知られたくないと思っているでしょう。

2位・どっぷりなのにバレにくいうお座
うお座も何かに夢中になりやすいオタク気質。特に華やかな芸能界に憧れがあるため、芸能人にハマりやすいでしょう。写真集やCDを買ったりライブに行くだけでは飽き足らず、追っかけ行為まで発展することも。ただ、普通にしているとまったくそういうそぶりは見せないため、周囲にはばれにくいでしょう。隠すつもりはないので、話を振ればすぐに大好きな人のことを語り始めるでしょう。

3位・隠すつもりはないのにバレないさそり座
さそり座も自分の好きなことには熱中し、とことん突き詰めていくオタク気質な面があります。特に隠しているつもりはないのですが、もともとおしゃべりなタイプでもないため、周囲には意外と知られていないことが多いでしょう。グッズなどにとことんお金をつぎ込むことにも躊躇がありません。

4位・秘密を大切にするかに座
かに座はちょっと人と違う目線を持っていることに優越感を覚えます。まだブレイクしていない新人タレントや地下アイドル、あまり人気のないゲーム、アニメなどに目をつけて応援します。かなり一途なので、応援している相手にも知ってもらえることも。応援していることは軽々しく人には話さないので、「実は……」と言って驚かせてしまうこともありそうです。

5位・うまく使い分けるふたご座
好奇心旺盛なふたご座は、興味が分散しているので何かにハマりやすいタイプではないのですが、一度ハマってしまうと大変!なかなか抜け出すことができません。中には10年、20年単位で同じものにハマってしまうことも。ただ、人といる時はその場の雰囲気に合わせるため、オタクがバレることはないでしょう。

6位・バレそうでバレないみずがめ座
細かい部分にこだわるみずがめ座は、しっかりと作りこまれた映画やアニメ作品にハマりこむことが多いでしょう。隠したりはしないのですが、好きなものの話をするときも冷静なため、特に「オタク」という印象は与えないでしょう。

7位・収集癖のあるやぎ座
やぎ座は収集癖のあるオタク気質。気に入ったものは全部手元に置かないと気がすみません。ついつい集めすぎて家が大変なことになってしまう場合も。ただ、集めるだけなので家に招かない限りはオタクがバレることはないでしょう。

8位・隠しておけないおうし座
おうし座は優れた感覚の持ち主のため、自分が「いい!」と思ったものは無視できず、とことんハマってしまいます。基本秘密を持つことも苦手なので、今ハマっているものについては周りの人皆が知るところになるでしょう。

9位・ハマりすぎないてんびん座
てんびん座は適度に楽しみ、適度に飽きるためハマりすぎるということはあまりないでしょう。オタク気質は薄めです。

10位・隠し事をしないしし座
しし座もオタク気質は薄め。加えて自分のことについて隠しておくのが苦手なため、何かにハマったときには大声で宣言し、仲間に誘ってくるでしょう。

11位・意外に現実志向なおひつじ座
おひつじ座も現実志向のため、ハマりすぎることはありません。ただ、その分一度ハマると抜け出すのが大変になりそうです。

12位・多趣味すぎるいて座
いて座はとにかく多趣味。それぞれにハマっていはいるのですが、それが広範囲のため、「オタク」と思われることはなさそうです。

まとめ



 

 

いかがでしたか?初対面ではなかなかわかりませんが、実は話してみるとお互いに同じオタク趣味だった……なんてこともあるかもしれません。わざわざオープンにする必要はありませんが、親しい人にはそれとなく話してみてもいいかもしれませんね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.