くらし情報『有働由美子「永遠の32歳」があさイチ卒業と同時にやめたもの』

2018年4月6日 21:00

有働由美子「永遠の32歳」があさイチ卒業と同時にやめたもの

目次

・オトコの前で自虐をする意味とは?
・ユミコが脱ぎたがるワケとは・・・
・国民がユミコに期待すること
有働由美子「永遠の32歳」があさイチ卒業と同時にやめたもの


有働由美子「永遠の32歳」があさイチ卒業と同時にやめたもの


有働アナというと、忘れられないシーンがあります。あれは私が大学生の頃。土曜日の朝のニュースにおじさんアナウンサーと有働アナ(以下、ユミコ)が出演し、ニュースを読んでいました。ユミコは白いスーツに赤の口紅、編み込みヘア、金色のピアスと当時の代表的なキャリアウーマンルックでした。

浅草のほおずき市についてユミコが紹介すると、おじさんは「有働さんって、口をパクパクさせてる赤い金魚に似てるね」と言ったのです(ほおずき市では、金魚すくいも開催されるため、そこから思いついたものと思われます)。

「金魚に似ている」発言は、その口調からして、ほめ言葉ではありませんでした。一瞬ムッとしたユミコが、次の瞬間悲しそうな顔になったのを、はっきりと覚えています。ちなみにこのおじさんアナウンサーは、別番組でフリーアナウンサーの小谷真生子とも組んでいたことがありましたが、マオコと一緒の時はそんな失礼なことを言わず、終始デレデレしていた。世の中の不平等さを垣間見た気がして、ぶるぶる震えたものです。それがきっかけで、私のユミコ・ウォッチは始まったのでした。

今と違って、当時の女子アナは「タレント並みの美貌と、タレントが足元にも及ばない育ちと学歴」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.