くらし情報『衝撃の実例「定年までに貯蓄ができない!」気になる50代の平均貯蓄って?』

衝撃の実例「定年までに貯蓄ができない!」気になる50代の平均貯蓄って?

2018年4月15日 11:30
 

目次

・50代の平均貯蓄はどのくらい?
・50代で貯蓄ができない人の理由
・定年まで残り10年でできるお金の増やし方
衝撃の実例「定年までに貯蓄ができない!」気になる50代の平均貯蓄って?


衝撃の実例「定年までに貯蓄ができない!」気になる50代の平均貯蓄って?


50代になると老後の生活が少しイメージできはじめ、老後までにいくら貯蓄があれば必要かとマネー相談にいらっしゃる方は少なくありません。貯蓄をしてきた人ほど、いくら貯蓄があっても定年退職後は取り崩していくことで不足するのではと不安になるようです。一方、貯蓄はほとんどなく貯蓄をしなくてはと気になりながらも、貯蓄ができないという人もいらっしゃいます。

■50代の平均貯蓄はどのくらい?

気になるのが他の50代の人達の貯蓄額です。金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査2017年(単身世帯調査)」によると50代の平均貯蓄額については1342万円です。また、50代で金融資産有りと回答した割合は57%、金融資産無しと回答した割合は43%です。4割近くのシングルの人が貯蓄無しで生活していることがわかります。退職金や65歳以降に受給される年金も含めると老後に必要な生活資金は老後に過ごしたい生活によっても個人差があります。

■50代で貯蓄ができない人の理由

それなりに年収があるけれど、貯蓄が全然できないという人は少なくありません。マネー相談にきたA子さんが貯蓄できない理由のひとつに、生活レベルを下げられないとのことです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.