くらし情報『貯蓄が1000万円超えても、銀行口座に置いたままでいいの?』

2018年6月24日 11:30

貯蓄が1000万円超えても、銀行口座に置いたままでいいの?

目次

・1つの銀行に1000万円まで預けてOKな理由
・「お金を運用しないのもリスク」と言われる理由は
・資産運用はお金でお金を増やす
・資産運用したい金額が決まったら
貯蓄が1000万円超えても、銀行口座に置いたままでいいの?


貯蓄が1000万円超えても、銀行口座に置いたままでいいの?


仕事や家事に追われ忙しい毎日を過ごしている中、気がついたら貯蓄は1000万円を超えたものの、銀行口座に置いたままでいいのかしら?というのは、実はマネー相談でもよくある相談内容です。

銀行口座に置いていても低金利で利息も微々たるものだし、そのままにしておくのもどうかと気になりながらもどうしていいのやら。

今回は、銀行口座に1000万円貯まったらどうしたらいいのかについてお伝えします。

■1つの銀行に1000万円まで預けてOKな理由

万が一銀行が破たんした場合に銀行の預金保険の保護の範囲は、1つの銀行につき1000万円までの元金とその利息までです。仮に他の支店など口座をいくつかに分けていても同じ銀行では合計1000万円までです。つまり銀行が破たんしても銀行に預けているお金は預金保険で保護されているというメリットはあるものの1000万円を超える金額は保護されません。

1000万円を超えた部分については破たんした金融機関の財産の状況に応じて支払われることになっています。したがって、1000万円を超えたらまず預け先を別の銀行に分けておくと良いでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.