くらし情報『iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!』

2018年7月10日 11:30

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

目次

・元本を確保しつつ、利回り20%を達成できる!?
・︎iDeCoを始める場合の金融機関選びのポイントは?
・iDeCoで定期預金をする場合しない場合ではどれくらいの差がでるの?
iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!


iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!


40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメなのが、iDeCoを活用して定期預金を預ける方法。身近な定期預金で老後資金を準備できる上に節税もできるので、ぜひトライしてみましょう。

元本を確保しつつ、利回り20%を達成できる!?

銀行にお金を預けたら利息がつきますが、この利息には20.315%の税金がかかります。ただでさえ低金利なのに、マイナス金利になってさらに超低金利の今、利息はスズメの涙。大手都市銀行だと定期預金の金利は0.01%。

仮に100万円を1年間預けた場合、100円にしかなりません。これに対して税金がしっかり取られるので、受け取れるのはたったの80円ほどです。

でも、定期預金では、お金は増えませんが、元本が確保されるのが良いところ。そんな良いところを抑えつつ、実質利回り20%を達成できる方法があります。

それは、最近話題の「iDeCo(個人型確定拠出年金)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.