くらし情報『植松晃士 なにげに痛い! 残念な「体型カバー」と「肌見せ」のお話』

2018年8月7日 21:00

植松晃士 なにげに痛い! 残念な「体型カバー」と「肌見せ」のお話

目次

・体型カバー服のコワイ落とし穴!
・暑い夏こそ注意!「街でイタい」大人ファッション
・大人の「肌見せ」の正解って?
・TPOを選ばない肌見せは「破廉恥」です!
・この夏、観てほしいもの!
植松晃士 なにげに痛い! 残念な「体型カバー」と「肌見せ」のお話


植松晃士 なにげに痛い! 残念な「体型カバー」と「肌見せ」のお話


みなさん、こんにちは。植松晃士です。

今年は酷暑!7月から連日ものすごい気温ですが、いかがお過ごしですか?

百貨店や路面店には早くも秋の装いが並んでいたりしますが、実際問題としてはこの暑さですから、まだまだ夏服ですよね。僕はファッションチェックをライフワークとしているので、日々みなさんのスタイリングを目の当たりにして、さまざまな気づきがあります。

体型カバー服のコワイ落とし穴!

植松晃士 なにげに痛い! 残念な「体型カバー」と「肌見せ」のお話
最近では、やっぱり大人の制服化。色のキレイなギャザースカート、丈の短いワイドパンツは流行りだよね~。どちらも大人の女性にとって嬉しいのは、体型をカバーできること。

ふっくらおなかもお尻も、しっかりしたおみ足も隠せるんですから。でもね、同時に訪れる惨劇をご存知?それは、太ってしまうってこと!!

隠れる=出さなくていい=制限がない。よーく見ていると「ぽっちゃりを少し超えてるかな?」という女性がこの手のお洋服を着ているような気がする~(笑)。シルエットがすでに丸太……。

ウエストがゴムになっているタイプも多いし、サイズは収まっているだろうけど、ステキに着こなせてはいないんですよねぇ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.