くらし情報『元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと』

2018年11月18日 19:00

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

目次

・やっていないこと1「札をバラバラに入れる」
・やっていないこと2「投資をけちる」
・やっていないこと3「パチンコ屋に並ぶ」
・やっていないこと4「とくになにもない時間を過ごす」
・やっていないこと5「怒る」
・やっていないこと6「話を聞かない」
・やっていないこと7「仕事がつらい、と言う」
元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと


元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと


仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女性はたくさんいらっしゃいます。

でも、日々の行動や考え方をスッキリさせるだけでも、お金の動きは良い方向に傾く。

元国税局職員のさんきゅう倉田が、大勢見てきた貧乏な人とお金持ちの違いから分析した、お金が貯まる人の行動を紹介します。

やっていないこと1「札をバラバラに入れる」

お金持ちの財布を見せてもらうことが多々ありますが、ほとんどの方が長財布を使っています。そして、財布の中は驚くほど綺麗で、整理されています。しつこいようですが、財布にレシートをためたり、割引券を入れたりしません。さらに、お札の向きも綺麗に揃えています。

お会計をしてお釣りをもらったとき、お札の向きがバラバラであることはほとんどありません。あれは、店員さんが向きを揃えてレジに入れているからですが、向きがバラバラのお札をお客に渡すことは無礼なことである、との考えに基づいています。

結婚式で祝儀袋に入れたご祝儀を、表裏をばらばらで入れる方はいません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.