くらし情報『暖かい『Name.』のサーマルは、肌寒さが残る春の日のお守り』

暖かい『Name.』のサーマルは、肌寒さが残る春の日のお守り

2018年3月28日 08:00
 

関連リンク

・話題騒然! ダイソーの「紙コップスリーブ」が即買いな理由
・今から夏まで使えるリネントップスで季節を先取り!シンプルな大人女子コーデ特集♪
・【GU】のクオリティがすごい!今すぐゲットして真似したくなるGUアイテムと着こなし術


 

 

肌着にも使えるサーマルは、肌触りもよく、昨今注目度の高いアイテム。今回ピックアップする『Name.(ネーム)』は、着心地も抜群!この春ぜひトライして。

 

『Name.』は、The work of art in the age of mechanical reproduction=“複製技術時代の芸術作品”をフィロソフィーに2010年s/sコレクションからブランドをスタートさせ、日常の中に潜む変化、本質、進化をデザイナー自らパターンに落とし込んでいるブランド。スタンダードになりがちなアイテムを時代に沿って「デコンストラクトとリコンストラクト=解体と再構築」を繰り返し、アイデンティティーを感じさせるクロージングを提案している。

 

そんなしっかりとした思いのもと、ものづくりを行なっている『Name.』のサーマルは、着ることでどんどんカラダに馴染んでいくのを感じられるはずだ。生地自体に凹凸があるので表情も豊か。どんなコーディネートにもすんなり馴染む、永久定番の一着として、これからの季節に活躍すること間違いなし。

 



 

たとえば、日差しのある暖かい日はさらりと一枚で着ても大人カジュアルなスタイルが完成!レイヤードに使うことで飽きることなく楽しむことができる。

ボトムにデニムを組み合わせるのもいいし、パーカやミリタリー、マキシ丈のスカートにだってマッチする。アイデア次第でどんなファッションとも好相性! 

 

シンプルでベーシックだからこそ、質が大切でもある、サーマル。この春、良質な『Name.』のサーマルをクローゼットに加えて、大人のおしゃれを楽しみたい。

 

サーマル ¥14,000

Name.

http://name.i-a-m.jp

03-6416-4860(ファーザー)

 

 

photograph:kimyongduck
styling:Mari Nagasaka
text : Akira Watanabe

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.