くらし情報『スウェーデンのイースター、Påsk【森と湖とストックホルム vol.2】』

2018年4月14日 12:00

スウェーデンのイースター、Påsk【森と湖とストックホルム vol.2】

スウェーデンでは、サマータイムがスタート

3月の終わり。朝起きてリビングへ行くと、主人が時計の針を1時間すすめていました。

「そうだ、今日から夏時間だ。」

まだ溶けきらない雪が、ところどころ景色を白くしている中、「夏時間」というのは少し変な感じですが、暦としては冬が終わったよう。夏時間に切り替わると、夜の7時くらいまで空が明るく、ずいぶんと日が長く感じます。

スウェーデンのイースター、Påsk【森と湖とストックホルム vol.2】


春分を過ぎると、Påsk(イースター)の時期になります。
もともとイースターは、キリストの復活に因んだ宗教行事ですが、スウェーデンではあまり宗教的な意味合いは強くなく、春の訪れを祝うイベントとして、家族と過ごす人が多いようです。

スウェーデンのイースター、Påsk【森と湖とストックホルム vol.2】


スウェーデンのイースター、Påsk【森と湖とストックホルム vol.2】


スウェーデンのイースター、Påsk【森と湖とストックホルム vol.2】


街中のお菓子もPåsk仕様に!

Påskが近づくと、行事のために、春らしい色をした装飾品が、町中で売られ始めます。

小さい太陽のような 黄色いスズラン、Påsklilja。
色とりどりの鳥の羽をつけた、Påskris。
そして甘いお菓子がたくさん詰まった、Påskägg。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.