くらし情報『名セリフと味わう、大人女子的ジブリ映画案内 Vol.1『おもひでぽろぽろ』』

2018年4月21日 23:00

名セリフと味わう、大人女子的ジブリ映画案内 Vol.1『おもひでぽろぽろ』

突然ですが、皆さんが一番好きなジブリ映画は何ですか? 『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』『天空の城ラピュタ』など、いろいろな答えが聞こえてきそうですね。 すでに子ども時代を過ぎ、大人になった私たちにとってジブリ映画の面白さって何だろう?改めてそう考えてみると、幼い頃に感じたワクワク感はもちろんそうですが、大人になった女子の感性にもガンガン響く要素があるんじゃないかと思うのです。例えば、さまざまな経験を経て、大人になった今だからこそ、登場人物たちのセリフがズーンと胸に響くなんてことも。今回は、そんな印象的なセリフにも注目しながら、ジブリ映画の魅力を紹介していきます。 1991年公開の『おもひでぽろぽろ』は、個人的に大好きな作品で、見直すたびにつくづくよくできたドラマだと感じる名作です。物語は、東京都内で働く27歳のOL・タエ子が、夏季休暇をとって山形旅行へ出かけるところから始まります。この旅行をきっかけに、タエ子の心の中に、小学生時代の思い出が次々とよみがえってきます。本作は、現在のタエ子の姿と、小学5年生のタエ子の思い出を交錯させながら、27歳の女性の心境を多彩なエピソードとともに描いています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.