くらし情報『ディープでイケてるのれん街、大塚から始まる新観光都市化計画が面白い!』

2018年5月21日 17:30

ディープでイケてるのれん街、大塚から始まる新観光都市化計画が面白い!

 

5月9日に東京・大塚にオープンしたホテル『星野リゾートOMO5 東京大塚』。JR山手線の大塚駅から徒歩1分のうえ、繁華街である池袋には3分、新宿まで11分、渋谷へは19分といずれも20分以内で移動でき、旅行者が宿泊する場所としては好立地です。

でも東京住まいの人は「大塚ってどんなところだっけ……」と首をかしげそう。

元々花街だった大塚には、今でも夜は知る人ぞ知るごはん処が並びますが、実はこの『星野リゾート OMO5 東京大塚』と共に、新たな飲み屋街がオープンするというのです!

その名も『東京大塚 のれん街』!

ディープでイケてるのれん街、大塚から始まる新観光都市化計画が面白い!


ホテルの目と鼻の先に位置するこの飲み屋街の建物は、なんと古民家。

情緒ある都電荒川線の線路の脇で、しばらく空き家となっていた元店舗兼住居の古民家10棟を丸ごと再生してしまったというので驚きです。

ディープでイケてるのれん街、大塚から始まる新観光都市化計画が面白い!


ディープでイケてるのれん街、大塚から始まる新観光都市化計画が面白い!


新しく構えた店舗を見てみると、海鮮居酒屋、寿司屋、やきとん居酒屋、ホルモン焼肉、焼鳥、たこ焼き、餃子酒場、そしてスナックまで!昭和の雰囲気が、大人ゴコロを揺さぶります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.