くらし情報『益子春の陶器市レポート【作家編】 陶器市で訪ねたい、おすすめ作家リスト』

2018年6月10日 22:00

益子春の陶器市レポート【作家編】 陶器市で訪ねたい、おすすめ作家リスト

益子春の陶器市レポート【作家編】 陶器市で訪ねたい、おすすめ作家リスト
阿久津忠男さんの瑠璃釉面取そば猪口

吸い込まれそうなほど美しい瑠璃に魅せられて/阿久津忠男さん
益子春の陶器市レポート【作家編】 陶器市で訪ねたい、おすすめ作家リスト


1975年に益子に築窯し、約40年に渡り代表作である「瑠璃」シリーズを創り続けている阿久津忠男さん。

初めてその深い藍色を見たとき、あまりの美しさに引き込まれ、気づいたら手に取ってじっと眺めていました。それが忠男さんの作品との出会いで、完全に一目惚れでした。

独自に編み出した瑠璃釉から生まれるブルーは、深海のような、真夜中の空のような……言葉で表現するのが難しいほど奥行きがあり艶めいています。

筆者もすっかり虜になり作品をいくつも所有していますが、使い込むほどに表情が変わって味わいが増していくのも魅力です。それはインディゴデニムを穿き込んだときの経年変化にも通じるものがあります。

それだけでなく、どんな料理も引き立ててくれて、食卓が“きちんと”見えるのです。

春の陶器市では息子さんである雅土さんとの展示が「もえぎ」で開催されていて、特にリム皿は大人気で完売必至なので、早いうちに訪れるのがおすすめです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.