くらし情報『国が違えばデザイン様々。街を面白くする“ダサかわ”レトロ【いろどりのチェコ vol.10】』

2018年6月29日 22:00

国が違えばデザイン様々。街を面白くする“ダサかわ”レトロ【いろどりのチェコ vol.10】

国が違えば街を彩るデザインも様々。

チェコの街を歩いていると「これは日本人には思いつかないな〜」と関心する「サイン(店名の表示)」に出会うことがある。私がカメラロールに撮りためたダサかわフォルダからその一部をご紹介したい。

共産主義時代からの変わらぬレトロデザイン
下の写真は、初めて見た時から好きな近所の書店。年季がすごい。

ショーウィンドウに整然と並ぶ本はマメに新しいものに取り替えられていて手入れが行き届いているのに、看板だけ20年くらい時が止まったよう。

この看板こそが私にとってガイドブックには載っていない「ザ・チェコ」な街の風景。

国が違えばデザイン様々。街を面白くする“ダサかわ”レトロ【いろどりのチェコ vol.10】



1989年以前の共産主義時代は、商売に力を入れる必要が無かったため、看板にもこだわっていない店が多かったよう。何が売っているかが分かれば十分なので、当時から残る古い看板はだいたいが「本屋」「服屋」などと書いてあるだけ。チェコ語が読めなければ何屋なのか分からないことも。

次の小さな服屋さんも似たタイプの看板だ。四角に一文字ずつ入れるデザインが流行った時代があったのだろうか。「O」がずれ落ちているところが哀愁倍増。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.