くらし情報『自然体で、ミニマムに。「必要なものだけ」と暮らす部屋【プチDIY女子達のお部屋案内】』

2018年7月2日 17:00

自然体で、ミニマムに。「必要なものだけ」と暮らす部屋【プチDIY女子達のお部屋案内】

 

都内にお住いのソメヤさんは、妹さんとルームシェアをしています。彼女のお部屋は、必要なものだけが手に届くところに揃っていて、居心地がとてもいいんです。その秘訣をうかがいました。

自然体で、シンプルに暮らすコツ

床を広く見せると、広く見える
妹さんが大学に入られたのをきっかけに、今のお部屋で2人暮らしをスタートしたソメヤさん。当初はアパレルのお仕事で非常に多忙な毎日。お部屋には寝に帰るだけだったと言います。一年前に会社を辞めて、お部屋にいる時間が増えたら、物が溢れている生活に居心地の悪さを感じて、断捨離を始めたそうです。

自然体で、ミニマムに。「必要なものだけ」と暮らす部屋【プチDIY女子達のお部屋案内】
ソメヤさんの居室は6畳ほどですが、2面に窓があって、とても広く見えます。
自然体で、ミニマムに。「必要なものだけ」と暮らす部屋【プチDIY女子達のお部屋案内】
ベッド以外にあまり大きな家具がないので、床がすっきり。

そして、ストレッチボールの購入をきっかけに、カーペットも断捨離。すると、床の面積を広く見せることで、部屋が見えることを発見しました。

自然体で、ミニマムに。「必要なものだけ」と暮らす部屋【プチDIY女子達のお部屋案内】
キッチンも、収納にゆとりがあってとてもスッキリ。2段ついていた水切り棚は不必要なため1段はずしました。こちらも窓から日が入って、明るい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.