くらし情報『革財布の老舗で選ぶ、スマホ起点のスマート夏財布【レトロな街の素敵なひと・もの】』

革財布の老舗で選ぶ、スマホ起点のスマート夏財布【レトロな街の素敵なひと・もの】

2018年7月14日 17:00
 

クラフトマンシップが見える化したアトリエ

今回、お邪魔したのは、革財布を手がける「山藤(やまとう)」。軒先に昔ながらの機械、道具を配置したレトロな雰囲気。ガラス引き戸に囲まれ、外からも中のようすが伺えます。素敵なバッグ、財布などの革製品はもちろん、きびきびと働く職人たちの姿も一級品。無駄のない所作、真剣な眼差しに誠実なクラフトマンシップが宿ります。

革財布の老舗で選ぶ、スマホ起点のスマート夏財布【レトロな街の素敵なひと・もの】
かつて使われていた機械をディスプレイ。足踏みを動力としたこの機械は「けとばし」というそう。江戸っ子のちゃきちゃきした気質が漂います。

五代目当主がオリジナルブランドを始動

明治32年創業後、昭和2年に元浅草に移転。現在の代表・山本浩司さんが五代目当主に就任し、オリジナルブランド「アクア」と「プタハ」を始動。著名なセレクトショップや百貨店で取り扱われるほか、人形町に直営店「ウォレテリア YAMATOU」をオープン。受け継いだ確かな技術をベースに時代性を加味した商品が皮革業界・流通業界の目利き、プロフェッショナルから高く評価されています。

革財布の老舗で選ぶ、スマホ起点のスマート夏財布【レトロな街の素敵なひと・もの】
ガラス戸にはアーティストによるペインティングを施して。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.