くらし情報『さあ来い2019年!毎日の洗い物の味方『亀の子束子』は長持ちでコスパのいいキッチンツールです!』

2018年12月26日 17:55

さあ来い2019年!毎日の洗い物の味方『亀の子束子』は長持ちでコスパのいいキッチンツールです!

 

さあ来い2019年!毎日の洗い物の味方『亀の子束子』は長持ちでコスパのいいキッチンツールです!


亀の子束子のこと、知っていますか。
束子(たわし)と聞くと、続いて「亀の子」とその名前を連想できるほど、耳馴染みはある亀の子束子。

棕櫚(しゅろ)など、主にヤシ科植物の繊維を短く切りそろえて楕円形に束ねたもので、

出来上がりの姿が亀に似ていることからこの名前がつきました。

なんと100年ほども前に東京で誕生した亀の子束子。

その製造方法は創業当時からほぼ変わらず、職人の技術が現在にまで受け継がれている伝統的な代物なのです。

束子を使うこと、環境を守ること。
束子は、ザルや蒸篭などの目のあるもの、包丁やおろし金など刃のあるもの、木のまな板やすり鉢など溝のあるものなど、いろいろな調理道具を洗うだけでなく、大根やごぼう、里芋といった根菜類の土を落としたり薄皮を剥いたりと、食材を洗う下ごしらえにも使える万能品。

調理道具の目立った汚れを予洗いすれば、使う洗剤の量も少なく済みますし、その後に使うスポンジも長持ち。

何気なく使っている方もこれから愛用する方も、束子を使うことで環境を守ることにもつながります。

ボディケアにも束子。
束子はキッチンツールだと思っている方は多いでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.