くらし情報『のどかな島時間が流れる 癒しの竹富島へ!「星のや竹富島」で心と身体をあたためる旅 前編』

2019年1月16日 20:55

のどかな島時間が流れる 癒しの竹富島へ!「星のや竹富島」で心と身体をあたためる旅 前編

暮らすように過ごす、島民としてのひととき

目次

・暮らすように過ごす、島民としてのひととき
・島の暮らしに寄り添う命草で 、心と身体を温める
のどかな島時間が流れる 癒しの竹富島へ!「星のや竹富島」で心と身体をあたためる旅 前編
客室のコンセプトは“風の家”。島の伝統家屋を受け継ぐ木造平屋造りで縁側は全て南向き 。やさしい南風が通り抜けます 。

石垣島から高速フェリーでおよそ10分。周囲9kmほどの小さな離島、竹富島は沖縄の原風景ともいえる街並みや自然が今も色濃く残る特別な場所。琉球赤瓦の家々、グックと呼ばれる珊瑚石で組まれた石垣、白い珊瑚砂が敷き詰められた道、そして、色鮮やかな花々と生い茂る植物たち。竹富港から車に揺られ、程なくして辿り着いた先がこの旅の目的地が「星のや竹富島」です。

そして旅人は、ライフスタイルコーディネーターの山藤陽子さん。「南の島への旅は久しぶり。夏とは違ったこの季節の島の表情を満喫したいです」と山藤さん。

島の暮らしに寄り添う命草で 、心と身体を温める

のどかな島時間が流れる 癒しの竹富島へ!「星のや竹富島」で心と身体をあたためる旅 前編


竹富島では野草やハーブを “ 命草(ぬちぐさ)”と呼び、古くから健康を保ってきた風習があります。冬は島のハーブ類が旬を迎える季節。中でも爽やかな辛味が特徴の島胡椒の“ピーヤシ”と竹富島の言葉で “フーチバ”と呼ばれるよもぎは、食事に取り入れたり、美容のトラブルを起こしたときに煮出してお茶にするなど、島民の暮らしに欠かせない存在。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.