くらし情報『欠かせない存在、愛おしいvintageカボションたちの物語。【Creation Column -Vol.7-】』

2019年1月29日 20:55

欠かせない存在、愛おしいvintageカボションたちの物語。【Creation Column -Vol.7-】

MICHU COQUETTEといえば、小花のvintageカボションを思い浮かべて下さる方も多いかと思います。

ピアスやブレスレットなどのアクセサリーを始め、巾着やポーチなどの袋物、雑貨などにもポイントにつけたりしています。
カボションは、1950年代海外に向けて作られたセルロイドの日本製ヴィンテージパーツ。ひとつひとつ手作業でハンドペイントされていますので、同じパーツでも色が濃かったり薄かったり、はみ出ていたり逆にちょっとしか塗られてなかったり…とハンドメイドの味が感じられ、とても繊細な作りになっています。

発色もネオンカラーっぽくとてもきれいなものもあるので、日本で、しかも戦後間もない時に作られたものだなんてとても思えない、パリのクリニャンクール蚤の市ででも置いてあるかのような趣です。

欠かせない存在、愛おしいvintageカボションたちの物語。【Creation Column -Vol.7-】


形は、バラやデイジーなどのflower型、犬や鳥や魚などの生き物、苺やチェリーやバナナなどのフルーツなど様々で、数えきれない程すごくたくさんの種類があります。

このvintageカボション(※以下カボション)を初めて見た時のことは、今から10年以上も前のこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.