くらし情報『暮らすように旅をする【東奔西走の旅13(ウィーン編)】』

2019年4月8日 17:30

暮らすように旅をする【東奔西走の旅13(ウィーン編)】

今回は日本を飛び出し、ヨーロッパの中欧都市「ウィーン」に行ってきました。

ウィーンといえば、王宮やオペラ、音楽の都だとか、クラシックな印象を受けますが、
実はもっとカジュアルで若い人たちにも人気の街なんですね。

何と言っても10年連続で暮らしやすい都市ナンバーワンということもあり、

治安も良くて料理も美味しくて。そんなウィーンの魅力をリポートします。

暮らすように旅をする【東奔西走の旅13(ウィーン編)】


ウィーンに限らず、旅先での印象って様々ですよね。

特に海外旅行をすると、日本との文化の違いや歴史など、よりたくさんのことを比較してしまいます。

暮らすように旅をする【東奔西走の旅13(ウィーン編)】


例えばウィーンでは街中にある建築物がとても素敵です。

日本では、100年以上の建物はあまりないかもしれませんが、

ウィーンにはゴロゴロあります。

このカールスプラッツ駅。建築家「オットー・ワーグナー」が作った駅舎です。

街の景観も考え、橋梁や駅舎と言った全体的なところはもちろん、

手すりや照明、案内板などなど、細かい部分までデザイン・設計されています。

飾り付けやレリーフなど見所満載。

暮らすように旅をする【東奔西走の旅13(ウィーン編)】


天気がよければ、街中にある建築物をキョロキョロしてしまいますが、

こちらはホーフブルグ宮殿。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.