くらし情報『「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.17 奈良県/取っておきたくなるパッケージ!本家菊屋の和菓子】』

2019年5月11日 20:55

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.17 奈良県/取っておきたくなるパッケージ!本家菊屋の和菓子】

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.17 奈良県/取っておきたくなるパッケージ!本家菊屋の和菓子】


お土産のお菓子を選ぶ時に「美味しい」ことはもちろんですが、さらに「素敵なパッケージ」であることを気にされる方も多いのではないでしょうか。つい取っておきたくなる箱やパッケージが日本のお土産にはたくさんあります。今回は奈良から、思わず誰かに贈りたくなる「レトロかわいい」パッケージの和菓子をご紹介します。

奈良県大和郡山市は金魚で有名な街。この街に老舗和菓子店「本家菊屋(ほんけきくや)」の本店があります。豊臣秀吉千利休の時代、天正13年(1585年)創業。400年を越える歴史を持つ奈良県最古の和菓子屋です。代表作である「鹿もなか」と「菊之寿(きくのことぶき)」のパッケージは色鮮やかなグリーンや赤の色使いが印象的で「レトロかわいい」デザイン。和菓子のパッケージデザインといえばシンプルで渋いものが多いのですが「鹿もなか」と「菊之寿」は鹿や鳥、花の模様が描かれています。これはシルクロードから運ばれた正倉院宝物の模様がモチーフとなっているそう。

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.17 奈良県/取っておきたくなるパッケージ!本家菊屋の和菓子】


本店に到着すると、まずはそのたたずまいに驚きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.