くらし情報『毎日着るTシャツはリサイクル・プロダクトのものを。メイド・イン・USAの『UPCYCLE』で選ぶこだわりの日常着。』

2019年5月21日 07:55

毎日着るTシャツはリサイクル・プロダクトのものを。メイド・イン・USAの『UPCYCLE』で選ぶこだわりの日常着。

毎日着るTシャツはリサイクル・プロダクトのものを。メイド・イン・USAの『UPCYCLE』で選ぶこだわりの日常着。
“アップサイクル”と“リサイクル”の違いって?
アップサイクルとは、サスティナブル(持続可能)なものづくりの考え方のひとつ。使い終わったものの素材を原料に再資源化するだけのリサイクルとは違い、廃棄物や不要になったものを形質は変えずに素材として利用したり、元のものの特徴を生かしながらより価値の高いものを生み出したり。エコでありながら、“よりいいもの”に作り変えていくという方法論で、最近ではファッション、デザイン、プロダクトなど、さまざまなシーンで注目されているのです。

毎日着るTシャツはリサイクル・プロダクトのものを。メイド・イン・USAの『UPCYCLE』で選ぶこだわりの日常着。
毎日着るTシャツはリサイクル・プロダクトのものを。メイド・イン・USAの『UPCYCLE』で選ぶこだわりの日常着。


毎日着るTシャツにも、意思のあるものを
『UPCYCLE』は、リサイクルTシャツをメインに2018年にスタートしたLAのブランド。ニッティング・染色・裁断・縫製にいたるまですべてアメリカ国内で生産されているのが特徴です。それぞれが5マイル以内の距離で行われているため、カーボンフットプリント(個人・企業が生活、運営していく上で発生する二酸化炭素の排出量)を低く保つことができるんだそう。ブランドのベースになっているのは、エコ・リサイクルを常に考えること。製造工程で生じてしまう生地のハギレなどの廃棄物を最小限に抑えながら、自社工場で出たハギレとアメリカ国内で集めたペットボトルをスクラップし、それを新しい糸にアップサイクル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.