くらし情報『今年の夏は東京・谷中にあるお寺の「幽霊画展」へ行ってみよう』

2019年6月28日 14:00

今年の夏は東京・谷中にあるお寺の「幽霊画展」へ行ってみよう

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」

東京谷中にある全生庵(臨済宗国泰寺派)で、2019年8月1日(木)〜31日 (土)まで、谷中圓朝まつり「幽霊画展」が開催されます。

江戶末期から明治にかけて活躍し、「牡丹燈籠」「真景累ケ淵」「死神」など、多くの名作落語を創作した落語中興の祖・三遊亭圓朝は、怪談創作の参考に数多くの幽霊画を収集していました。伝・円山応挙から、柴田是真、伊藤晴雨河鍋暁斎など、著名な画家たちが描いたさまざまな幽霊たち。現在は、圓朝の墓所がある全生庵でこれらのユニークな幽霊画を所蔵し、毎年8月の1ヶ月間のみ特別公開しているのだとか。

今年の夏は東京・谷中にあるお寺の「幽霊画展」へ行ってみよう
左から、伊藤晴雨「怪談乳房榎図」、池田綾岡「皿屋敷」、鰭崎英朋「蚊帳の前の幽霊」。
すべて全生庵所蔵。谷中圓朝まつり「幽霊画展」【開催概要】
会期:2019年8月1日(木)~2019年8月31日(土)
※土日祝祭日も開催
開館時間:10:00~17:00(最終入場16:30)
観 料 :500円
今年は8月3日 (土)に「幽霊の怨返し ― 落語にみる情愛」と題した記念イベントも開催されます。(※定員に達したため、受付終了)

「幽霊の怨返し ― 落語にみる情愛」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.