くらし情報『日本茶で心も身体も健康に。【伊右衛門サロン】が渋谷ヒカリエにオープン!』

2019年7月20日 17:55

日本茶で心も身体も健康に。【伊右衛門サロン】が渋谷ヒカリエにオープン!

目次

・日本茶がライフスタイルと文化を作る
・お茶が「真ん中」にあるカフェ ―お茶を通じて「食・心・身体」を育む―
・テアニンが豊富な日本茶で心も身体も健康に
・日本茶で健康習慣を取り入れてみては?
伊右衛門サロン


2019年7月3日(水)、渋谷ヒカリエ7Fにオープンした「伊右衛門サロン」。

「フタバフルーツパーラー」や「発酵居酒屋5/発酵7」などのブランドを展開するカフェ・カンパニー株式会社(以下、カフェ・カンパニー)と、220年以上日本のお茶づくりを支えてきた創業寛政2年の株式会社福寿園(以下、福寿園)、そして「サントリー緑茶 伊右衛門」を展開するサントリー食品インターナショナル株式会社(以下、サントリー)の3社が協力して開業しました。

「お茶を通じた健やかで活き活きとしたWell-Beingな人生の提案」をミッションとした、日本茶を中心とするカフェです。

日本茶がライフスタイルと文化を作る

伊右衛門サロン


お茶を入れる「急須」が作られたのは1730年代後半。その後、1750年代から急須を使ってお茶を入れる文化が発展しそうです。つまり、私たちは約270年もの間、生活の中でお茶を飲み続けてきました。

ところが、近年は急須を使う人や家でお茶を飲む人が減り、茶葉の消費量が減少傾向にあります。

カフェ・カンパニーの楠本社長は、「日本人はお茶を通じて文化・生活をつくってきた背景がある」と言います。そして、これから訪れる「人生100年時代」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.