くらし情報『産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート』

2019年10月30日 06:55

産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート

2019年9月21日(土)・22日(日)に駒沢オリンピック公園中央広場で開催された東京ハーヴェスト2019。開催7回目を迎える今年は、およそ45,000人が来場し会場限定メニューや新鮮野菜の販売、ワークショップなどを楽しみました。

目次

・駒沢オリンピック公園に約40人の生産者が集合
・食べて応援!台風15号被害の千葉野菜でミネストローネ

・糖度ギネス級の桃。そのまま食べてもジュースも絶品!
・香りも良いフルーツほおずきは独特の味わい
・国内生産量わずか1%未満!希少な和牛・短角牛
・三陸の海藻を使ったワッフルで新しい食の可能性を考える
・透き通って美しい。大吟醸のトマトジュース
・パッケージもかわいい、からだに優しいたまご
・循環農業を実現した木更津の「KURKKU FIELDS」

・アスパラガスにドライフルーツも。福島の”おいしい”をいただく
・農家直伝!アスパラガスを味わうレシピ
・第8回東京ハーヴェスト開催決定!


産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート


2019年は「日本各地の”旨い”を味わい、生産者の”凄い”を体験する」がコンセプト。過去最大の参加となる約40人の農家・漁師・酪農家など様々な食のつくり手が集い、その素晴らしさを伝えました。

私たちの毎日のを食を支え、届けているつくり手への感謝と尊敬の気持ちを伝える大収穫祭の会場をレポートします。

駒沢オリンピック公園に約40人の生産者が集合

産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート


昨年2018年にも2万人以上が来場した東京ハーヴェスト。年を追うごとに来場者数が増加していることもあって、今年から会場を駒沢オリンピック公園に移して開催しました。
会場が広いのでゆっくりと見てまわることができます。

旬の野菜をはじめとする秋の味覚や、海の幸、地域性豊かな食材、そしてここでしか食べられない特別なメニューなど、収穫の秋・食欲の秋に相応しいグルメが揃っています。

産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート


泥つきは獲れたて・産地直送の証拠!

今年はスペシャルショーとして、通常は農家さんしか知らない「ネギの皮むき機」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.