くらし情報『『bestpot(ベストポット)』でつながる食卓!土と金属が作る最高のお鍋に、IH対応ができました。』

2019年12月6日 11:27

『bestpot(ベストポット)』でつながる食卓!土と金属が作る最高のお鍋に、IH対応ができました。

目次


・伝統工芸と精密加工が想いを繋ぐ
・“隙”のないつくりで、うまみを逃さない。
・IH対応ベストポットが発売。IHでも蓄熱調理が可能に。
・『ベストポットIH』で、おいしい土鍋ご飯が誰でも簡単に
・【IHでも可能になった 3つの蓄熱調理】

『bestpot(ベストポット)』でつながる食卓!土と金属が作る最高のお鍋に、IH対応ができました。

三重県四日市市の特産品である“萬古焼”と“鉄の鋳物”。以前もご紹介した無水調理ができる土鍋『ベストポット』が登場して以来、食卓には革命が起きました。誰でも簡単に手間なく美味しい料理が食べられるようになったんです!

そんな日本の伝統と職人の匠の技によって生まれた『ベストポット』にIH対応が仲間入り!食材の美味しさを最大限に引き出す『ベストポット』の魅力と共にご紹介します。

伝統工芸と精密加工が想いを繋ぐ

『bestpot(ベストポット)』でつながる食卓!土と金属が作る最高のお鍋に、IH対応ができました。


ベストポットの鍋の本体部分は、四日市市の伝統工芸品である萬古焼(ばんこやき)。“萬古焼”って聞いたことある人も多いと思いますが、じつは土鍋の国内 80% のシェアを占めているんだとか。その特徴は、一度温まると熱を逃がしにくく非常に蓄熱性に優れているのだそう。

食材に熱を入れることに対して、もっとも優れている土鍋。
でも、その反面、精度の高い成型が難しく、蓋と本体の密着度は、常に課題でした。

『bestpot(ベストポット)』でつながる食卓!土と金属が作る最高のお鍋に、IH対応ができました。


『ベストポット』では、「MOLATURA(モラトゥーラ)」が得意とする切削技術を元に、
陶器を削ることでその精度を実現し、蓋と本体の密閉度を極限まで高めた結果、無水調理が可能になったのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.