くらし情報『寝たのに眠い…医師監修の簡単レシピで「朝バテ」解消!』

2019年12月11日 06:55

寝たのに眠い…医師監修の簡単レシピで「朝バテ」解消!

ネオマーケティングによる、20歳以上の男女を対象とした『疲労対策に関する調査』(N=1,000/調査時期2019年1月15~16日)によるアンケートによると、普段「疲れ」を感じる日常のシーンはなんと「朝起きたとき」が43.2%とTOP!「仕事から帰宅するとき」が38.7%、「夜寝る前」が38.1%と続きます。睡眠をとった時間にも関わらず、“朝”に最も疲労を感じている方が多いようです。

目次

・眠りやすい環境作り
・注目の成分「GABA」でリラックス&安眠効果
・オススメは“夜もやし”
・大豆もやしを美味しく食べる作り置き『もやしレモン』
・もやしのアスパラギン酸、レモンのクエン酸で疲労回復も期待
・池谷流「もやしレモン」の作り方
・池谷 敏郎先生


寝たのに眠い…医師監修の簡単レシピで「朝バテ」解消!


医師の池谷敏郎先生「朝バテ」の原因を聞いてみました。

池谷先生「睡眠時間や質が不十分だと、朝起きたときに疲れを感じてしまっている“朝バテ”になっている可能性があります。“朝バテ”にならないようにしっかり睡眠をとることが必要でしょう。」

眠りやすい環境作り

寝たのに眠い…医師監修の簡単レシピで「朝バテ」解消!


池谷先生「眠りやすい環境を整えるために大切なことが3つあります。

1つ目は、エアコンをうまく利用して質の良い眠りを確保すること。寒い冬場は、エアコンをうまく利用して質の良い眠りを確保することが大切。タイマー設定を活用してもいいし、温かい空気を部屋全体に行きわたらせるため、サーキュレーターの活用もよいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.