くらし情報『東京・池袋 「雑多さ」を愛したい。文化の発信基地、池袋を歩く – Vol. 33【プチDIY女子達のお部屋案内】 』

2020年2月2日 11:55

東京・池袋 「雑多さ」を愛したい。文化の発信基地、池袋を歩く – Vol. 33【プチDIY女子達のお部屋案内】 

目次

・どこへ行くにも楽。充実した交通網
・駅前は大型商業施設がずらり。買い物には絶対困らない
・池袋は文化の発信基地でもある
・池袋には本屋も多い
・公園でまったり過ごそう
・一人で入りやすいお店も多い、池袋

・池袋駅の住み心地って?
東京・池袋 「雑多さ」を愛したい。文化の発信基地、池袋を歩く  – Vol. 33【プチDIY女子達のお部屋案内】 
自分が自分らしくいられるように、心地よく暮らせる街は自分で選ぼう。33回目にご紹介する街は、「池袋」。雑多なカルチャーの入り混じる不思議な街で暮らしたら、どんな感じなのだろう?なんでもそろう池袋の街を歩いてきました。

goodroomのスタッフが住んで本当に良かった街を紹介する連載。33回目にご紹介するのは、豊島区「池袋」です。池袋と聞いて思い浮かぶのは、駅前は雑多で少しごちゃごちゃしているイメージ。ネオンが夜遅くまでギラギラと輝く、東京屈指の繁華街。

東京・池袋 「雑多さ」を愛したい。文化の発信基地、池袋を歩く  – Vol. 33【プチDIY女子達のお部屋案内】 


それでも言い換えれば、夜遅くまで開いている店が多いため、駅前から女性一人で帰る道すがらはいつまでも明るいし、人や飲食店が多い分、夜遅くまでやっているスーパーだってたくさんあるのも特徴です。最近では駅前の大きな公園がおしゃれに改装されて生まれ変わり、子育て支援も充実しているというから、意外です。そんな池袋、ふらりと歩いて街の様子を探索してみました。

池袋駅の賃貸を探す

どこへ行くにも楽。充実した交通網

池袋を走るメインの電車は、JRの山手線。目白と大塚との間にあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.