くらし情報『リアル×親しみやすさ。ホフディランが『ランゴ』の魅力を分析』

2011年10月25日 18:19

リアル×親しみやすさ。ホフディランが『ランゴ』の魅力を分析

と語る。

ちなみに本作のCGは“世界最高峰の映像工房”と称されるILMが担当。俳優の動きや表情をキャラクターの動きに取り込む“エモーション・キャプチャー”を導入し、背景や効果などにもこれまで実写映画で培われてきた技術とノウハウが総動員されている。ワタナベイビーは「実写にできるだけ近づけてスーパーリアルにしようとしてるわけでもない。そうしたいならホンモノのカメレオンを使って撮ればいいんだからね。『ランゴ』はリアルな生々しさと、アニメーションとしての親しみやすさ、両方のいいところをバランス良くミックスさせた、本当の意味で“POP”な映画なんです」と本作の魅力を分析し、小宮山も「僕は常々、“POP”ってそういうものだと思ってるんです。可愛いだけじゃなくて、毒々しさも含んだものだと。その意味で『ランゴ』は、どんな人でも楽しめることも含めて、最高のPOPムービーだと思いますね」とコメント。“リアル×親しみやすさ=POP”という言葉は、ホフディランの音楽にも感じられる要素だけに、ふたりが本作を心からオススメしていることが伝わってくるひとときとなった。『ランゴ』
公開中

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.