くらし情報『明日公開。キャストが語る『三銃士』の注目ポイント』

2011年10月27日 11:33

明日公開。キャストが語る『三銃士』の注目ポイント

明日公開。キャストが語る『三銃士』の注目ポイント
『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が手がける冒険大作『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』が28日(金)から日本公開されるのを前に、主人公ダルタニアンを演じたローガン・ラーマンと、彼が恋に落ちる王女の侍女・コンスタンスを演じたガブリエラ・ワイルドが来日し、インタビューに応じた。

その他の写真

本作は、フランス王の銃士隊に憧れて、パリにやってきた若者ダルタニアンと、銃士隊の花形である三銃士のアトス、ポルトス、アラミスが、王宮を揺るがす英国側の陰謀に立ち向かう姿を描く。ミラ・ジョヴォヴィッチが謎だらけの美女・ミレディを、オーランド・ブルームが物語の鍵を握るイギリス宰相・バッキンガム公爵を演じている。

本作は3D版でも上映され、多くのデジタルショットを駆使したこれまでにないダイナミックな『三銃士』だ。しかし、本作はVFXだけじゃない“冒険活劇のアナログ的な面白さ”にもこだわった。脚本を『ブリジット・ジョーンズの日記』のアンドリュー・デイヴィスが担当。ラーマンも「脚本にしっかりとドラマが描かれているから、現場で俳優同士が話をしなくても自然とキャラクターの変化を演じることができた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.