くらし情報『『アメイジング・スパイダーマン』チームが来日会見! 「見どころは全部」と自信満々』

2012年6月13日 15:51

『アメイジング・スパイダーマン』チームが来日会見! 「見どころは全部」と自信満々

『アメイジング・スパイダーマン』チームが来日会見! 「見どころは全部」と自信満々
映画『アメイジング・スパイダーマン』の来日記者会見が6月13日、都内で行なわれ、マーク・ウェブ監督、主演のアンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リース・イーヴァンズ、プロデューサーのアヴィ・アラドとマット・トルマックが出席した。

その他の写真

スタッフとキャストを一新し、新たな“スパイダーマン/ピーター・パーカー”の成長と戦いを描くシリーズ第1弾。1962年にマーベル・コミックで初めてスパイダーマンが登場してから50周年となる今年、3Dアクション超大作として公開される。「プレッシャーがあったのは確か。それでも素晴らしいチームで協力しながら、約2年の間、エキサイティングな日々を過ごすことができた」(ウェブ監督)。大切にしたのは「あくまで1人の青年の成長ドラマであることを忘れないこと」だったといい、高いドラマ性をもった作品だとアピールした。

主演に大抜擢されたガーフィールドは「3歳の頃からスパイダーマンの大ファン。だから、この役が決まったときは本当に喜んだよ。それに(前シリーズで主演を務めた)トビー・マグワイアの後継になれたこともとても光栄だよ」と誇らしげに語るも、「実際、スーツを着たら、かゆいし着心地も悪いから、夢が壊れちゃったけどね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.