くらし情報『派手な世界観と小さなドラマ。脚本家が語る『TIGER & BUNNY』の魅力』

2012年9月25日 10:40

派手な世界観と小さなドラマ。脚本家が語る『TIGER & BUNNY』の魅力

派手な世界観と小さなドラマ。脚本家が語る『TIGER & BUNNY』の魅力
アニメーション映画『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』が公開中だ。“タイバニ”の愛称で知られ、熱狂的なファンが多く存在する人気作だが、満を持しての劇場版は、物語の“始まり”を描く作品になるという。なぜ、本作はそのような構成になったのか?脚本を手がける西田征史に話を聞いた。

その他の写真

まず簡単に“タイバニ”の概要をおさらいする。本作の舞台は様々な人種や民族が集う巨大都市。ここでは“NEXT”と呼ばれる特殊能力者たちが、企業に所属してスーパーヒーローとして活動し、その模様をテレビ中継している。彼らが目指すのは、働きに応じて与えられるヒーローポイントで決まる年間ランキングのトップであるキング・オブ・ヒーローだ。シリーズは、ピークを過ぎたベテランヒーロー“ワイルドタイガー”こと虎徹と、新人ヒーローのバーナビー・ブルックスJr.のコンビが主軸となって進んでいく。

西田は「映画をやるとなった時に総集編”で行きますか?と相談を受けました。一応25話のすべてのエピソードを2時間にまとめてみたんですけど、駆け足ですべてのエピソードをやる意味を見いだせなかった。駆け足になることでキャラクターの感情も駆け足になることは納得できなかったんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.