くらし情報『J.J.エイブラムス、新作『パーソン・オブ・インタレスト』を語る』

2012年10月5日 18:32

J.J.エイブラムス、新作『パーソン・オブ・インタレスト』を語る

J.J.エイブラムス、新作『パーソン・オブ・インタレスト』を語る
アメリカでの初回放送で『CSI:科学捜査班』を上回る1333万人の視聴者数を獲得した話題のドラマ『パーソン・オブ・インタレスト(ファースト・シーズン)』の日本版ブルーレイ&DVDのリリースを前に、製作総指揮を務めるJ.J.エイブラムスの動画インタビューが到着。本作の魅力や今後の展開について語った。

J.J.エイブラムスの動画インタビュー

本作は、街中のいたるところに設置されている監視カメラの映像を駆使して、まだ起きていない未来の犯罪を予測し、事件を未然に解決すべくストーリーが進む異色のドラマ。事件が起きてから行動を起こす、お決まりの犯罪ドラマとは逆向きに展開するのが特徴で、マイケル・エマーソン扮するハロルド・フィンチが、主に犯罪予測を担当する知能派で、ジム・カヴィーゼル演じるジョン・リースが、主に身体を張って行動する肉体派を担当しており、すでに米ではシーズン2の放送が開始されている。

エイブラムスは、インタビューのなかで「ジョナサン・ノーランから持ちかけられた企画は、“サイエンスフィクション”(空想の科学)というより“サイエンスファクト”(現実の科学)だったんだ。追跡されるだけでなく行動が予測されるまでテクノロジーが発達している“予知科学”という考え方なんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.