くらし情報『松山博昭監督&池田鉄洋、前田健が語る『ライアーゲーム -再生-』の魅力』

2012年10月10日 18:20

松山博昭監督&池田鉄洋、前田健が語る『ライアーゲーム -再生-』の魅力

松山博昭監督&池田鉄洋、前田健が語る『ライアーゲーム -再生-』の魅力
興行収入21億円を記録した大人気シリーズの劇場版第2弾、『ライアーゲーム -再生-』に“参加”した池田鉄洋、前田健、そして松山博昭監督が、最新作ではシリーズ初期の恐怖感を取り戻す狙いがあったことを明かすとともに、“リボーン”した世界観の魅力を語った。

その他の写真

同作は松田翔太演じる元詐欺師の天才心理学者・秋山深一を主人公に、復活を遂げたライアーゲーム事務局の招待を受けた20名のプレイヤーが、総額20億円を賭けて究極の“イス取りゲーム”に挑戦する物語。全シリーズを手がけた松山監督は「大金を失う恐怖感、人をダマす罪悪感を出したかった」と今作のコンセプトを明かした上で、「初期のライアーゲームのように、突然ダマし合いのゲームに放り込まれた平凡な人々が、金を奪い合う過程で特殊な精神状態に陥っていく姿を描きたかった」と原点回帰を目指したことを説明。3つの国、そして“ガヤ連合”というチームによる一触即発のマネーゲームは緊張感満点だ。

その“ガヤ連合”の代表格としてゲームを盛り上げた“ヤンジャン”こと嶋タカヒロ役の池田は、「欲望むきだしの世界なので、多額の借金を背負うキャラクターもいます(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.