くらし情報『本日公開。サム・ライミ監督が語るファンタジー大作『オズ はじまりの戦い』』

2013年3月8日 14:44

本日公開。サム・ライミ監督が語るファンタジー大作『オズ はじまりの戦い』

本日公開。サム・ライミ監督が語るファンタジー大作『オズ はじまりの戦い』
『スパイダーマン』トリロジーを手がけたサム・ライミ監督と『アリス・イン・ワンダーランド』の製作者が作りあげたファンタジー大作『オズ はじまりの戦い』が公開されている。本作はデジタル技術と3D映像を駆使した作品だが、その根底には映画人の“手作り”に対する強いこだわりが息づいている。映画ファンにこそじっくりと観てほしい本作について、ライミ監督に語ってもらった。

その他の写真

本作は、カンザスで活動する冴えない奇術師のオズ(ジェームズ・フランコ)が竜巻に飛ばされて魔法の国に迷い込み、同じ名前を持つ伝説の魔法使いと間違われてしまったことから、国の運命をかけた壮大な戦いに巻き込まれていく様を描く。

本作にはCG技術で生み出されたキャラクターや映像が多く登場する。しかしライミ監督は、昔からある映画本来の魅力にこだわった。例えば本作はモノクロの4:3の画面比で始まるが、やがて映像がカラーになり、横長のスコープサイズになり、ある場面では1940年代の外国映画のような色鮮やかなテクニカラー調で、ある場面ではCGの栄える現代的な画質で場面が展開する。ライミ監督は「そのことは撮影監督と最初に決めたコンセプトでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.