くらし情報『ささきいさお、スタローンの現役ぶりに刺激『バレット』TVスポットを収録』

2013年5月14日 12:46

ささきいさお、スタローンの現役ぶりに刺激『バレット』TVスポットを収録

ささきいさお、スタローンの現役ぶりに刺激『バレット』TVスポットを収録
歌手、声優と幅広く活躍する俳優・ささきいさおが、シルヴェスター・スタローン主演最新作『バレット』のTVスポットにナレーターとして参加することになり、都内のスタジオで収録に臨んだ。『ランボー』シリーズをはじめとする数々のスタローン主演作に加えて、最近では『エクスペンダブルズ』シリーズの日本語吹替え版でもスタローンを演じるささきは、「年齢を重ねるたびに、渋さが増している。それに自分が声をあてる俳優さんが元気に活躍するのは嬉しいこと。自分も負けていられない」と現在66歳のスタローンの現役ぶりに刺激を受けていた。

『バレット』TVスポット

映画は人気グラフィックノベルを基に、スタローン演じる老殺し屋のジミー・ボノモが殺された相棒の復讐を果たすため、ポリシーに反し刑事とコンビを組み、警察やマフィアに立ち向かう姿を重厚なタッチで描く。『ストリート・オブ・ファイヤー』などで知られる鬼才ウォルター・ヒル監督が、実に10年ぶりにメガホンを執った。

TVスポットでは、ささきが「俺の名前はジミー・ボノモ。殺し屋だ。40年間、生きるために撃ってきた。ルールを破って刑事と組む。これが俺の最後の仕事」と渋い低音ボイスを響かせる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.