くらし情報『コメディで魅力を発揮。キャメロン・ディアスが語る最新作『モネ・ゲーム』』

2013年5月16日 17:01

コメディで魅力を発揮。キャメロン・ディアスが語る最新作『モネ・ゲーム』

コメディで魅力を発揮。キャメロン・ディアスが語る最新作『モネ・ゲーム』
『英国王のスピーチ』のオスカー俳優コリン・ファースキャメロン・ディアスが主演する映画『モネ・ゲーム』が17日(金)から公開される前に、ディアスがインタビューに応じた。

その他の写真

本作は、カタブツで少しだけツメが甘い美術鑑定士のハリー(ファース)が、美人だが天然キャラで少しだけ頭が弱いPJ(ディアス)を相棒に、モネの連作『積わら』の贋作を用いて、メディア王のシャバンダー(アラン・リックマン)から大金をせしめようとするも、次々に想定外のトラブルに巻き込まれる様を描いたエンターテインメント作品だ。

彼女はこれまでも『メリーに首ったけ』など多くのコメディで魅力を発揮してきたが、本作ではファースやリックマンと話をしながら「ピーター・セラーズのような、昔ながらのコメディ。つまり、ちょっと大袈裟なコメディのトーンを目指した」という。「私たちはリハーサルを重ね、それぞれのシーンをどんなふうにするべきかと細かく話し合ったの。いざ現場に入ったら、誰がどこに立って、どこで何が起こるべきかも話し合った。まるで歌とダンスみたいになっていったのよ。まるで舞台でミュージカルを演じているような雰囲気になっていった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.