くらし情報『監督が語る『パシフィック・リム』へのこだわりと怪獣愛!』

2013年8月9日 10:49

監督が語る『パシフィック・リム』へのこだわりと怪獣愛!

監督が語る『パシフィック・リム』へのこだわりと怪獣愛!
鬼才ギレルモ・デル・トロ監督の最新作『パシフィック・リム』が本日から公開されている。幼少期より日本の特撮やアニメに親しみ、惜しみない愛情を注ぎこんできたデル・トロ監督がこのほど来日し、怪獣への愛と、映画に込めたメッセージを力強く語った。

その他の画像

本作は、太平洋の深海から出現した未知の巨大生命体“怪獣”に立ち向かうべく、人類が英知を結集して人型巨大兵器“イェーガー”を開発し、壮絶な戦いを繰り広げる様を描く。デル・トロ監督作品でおなじみのロン・パールマンや、菊地凛子芦田愛菜チャーリー・ハナム、イドリス・エルバらが出演する。

自身を“怪獣オタク”と語るデル・トロ監督は、莫大な予算を投じられた本作でも“自分の愛する怪獣”を描くことにこだわった。監督は「西洋では怪獣を愛する文化があまりないけど、日本では怪獣が愛されていて、悪い怪獣でも愛されている。例えば『ゴジラ対キングギドラ』だとゴジラもキングギドラも愛されている。それは西洋にはない文化なんだ。ちなみにいくつかの場面ではまるで模型のセットに見えるように、もっと言うと“使い古したミニチュア”に見えるようにセットを作ったよ。とてもモダンな映画なんだけどね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.