くらし情報『監督が語る『映画 謎解きはディナーのあとで』』

2014年2月24日 15:20

監督が語る『映画 謎解きはディナーのあとで』

監督が語る『映画 謎解きはディナーのあとで』
昨年、興行収入32億円超を記録した櫻井翔&北川景子出演の『映画 謎解きはディナーのあとで』のブルーレイ&DVDが19日にリリースされた。TVドラマシリーズから演出を担当し、本作のメガホンも執った土方政人監督に本作の魅力を聞いた。

その他の写真

原作は本屋大賞に輝いた東川篤哉の人気推理小説で、連続ドラマ、スペシャルドラマに続く待望の劇場版。毒舌の執事・影山とその主人で刑事でもある“お嬢様”麗子が豪華客船で起きた殺人事件の謎に迫る。

連ドラが始まったのは2011年の秋。原作を読んで土方監督は「設定は面白いし、小説としては成り立つけど、このまま映像化しても何かが足りない」と感じたという。「ドラマとしてどう見せるか?」――考え抜いた結果、生まれたのが本シリーズを大きく特徴づける、時折差し込まれるアメコミ風の描写だった。

ベースとなる物語にアメコミ的演出、そしてもうひとつ、重要かつヒットの大きなポイントとなったのがキャラクターの確立だった。土方監督にとっては櫻井とのタッグは初めてで当初は不安もあったというが…。「影山は慇懃無礼で上品なヤツというイメージだったけど、翔くんと会ったときに、メガネをかけて、あの衣裳を着たらイケそうだなと感じましたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.