くらし情報『坂上忍、『トランセンデンス』スーパーコンピュータの声担当で毒舌披露』

2014年6月18日 13:11

坂上忍、『トランセンデンス』スーパーコンピュータの声担当で毒舌披露

坂上忍、『トランセンデンス』スーパーコンピュータの声担当で毒舌披露
映画『トランセンデンス』の吹替え版完成披露試写会が17日に都内で開催。日本語吹替え版で物語の鍵を握るスーパーコンピュータの声を務めた坂上忍が来場し、いつもながらの毒舌で会場をわかせた。

その他の写真

科学者のウィルは死の直前に妻によってその意識をスーパーコンピュータに“インストール”される。あらゆる情報にアクセスできるようになり、究極の進化を遂げていくウィルだったが、やがて暴走を始め…。

主演のジョニー・デップ本人の来日は叶わなかったが、代わりに壇上に設置されたスーパーコンピュータにデップの意識を“インストール”するという形で、イベントに出席。モニターにデップの顔が映し出され「残念ながらそちらには行けなかったけど、意識だけアップロードしてこちらにやってきました」とあいさつ。なお、このデップの声は本人の声を音声合成システムを使って作り上げたもの。会場にはわざわざ字幕翻訳者で、デップらハリウッドスターの来日時に通訳を務めることでも知られる戸田奈津子氏も来場し、モニターのデップの言葉を翻訳するという念の入れようだった。

モニターのデップが「素敵なゲストを呼びました」と紹介する形で坂上が登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.