くらし情報『井口昇×内藤瑛亮が山田悠介作品の映画化対談』

2014年8月28日 10:23

井口昇×内藤瑛亮が山田悠介作品の映画化対談

井口昇×内藤瑛亮が山田悠介作品の映画化対談
『先生を流産させる会』の内藤瑛亮監督と、『ヌイグルマーZ』の井口昇監督が、山田悠介の小説をそれぞれ映画化。内藤は学校を出発点にパズルを絡めて連続殺人事件が繰り広げられるサスペンス『パズル』を、井口は大切な人を救うために山田の原作を“攻略本”にしてデスマラソンをする人々を描く『ライヴ』を、ユーモアを交えて生み出した。まったく異なるスタイルを持つ両監督が“山田ワールド”繋がりで顔を合わせた。

その他の写真

唯一、安田先生というキャラクターで2作品に出演している佐々木心音も加わり、談義を繰り広げた。山田作品の魅力を「ゲーム感覚」にあると口を揃えた3人。真逆といっていいほどカラーが違う両作だが、井口監督は「カップリングで観るのが正しい2作だと思う」と提案した。

安田先生を橋渡しに『パズル』『ライヴ』の時系列にある2作。当初『パズル』で安田先生は死ぬ運命にあった。それが『ライヴ』での出演が決まり、脚本変更に。「『パズル』のほうでは死に対してすごく思い詰めている先生が、『ライヴ』では死ってこんなものなの?というほど一瞬で死んでしまう(笑)。キャラクターを統一すべきかどうか悩みましたが、素直に監督の色に染まることにしました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.