くらし情報『中井貴一、主演作の舞台あいさつで熱く語る』

2014年9月10日 10:48

中井貴一、主演作の舞台あいさつで熱く語る

中井貴一、主演作の舞台あいさつで熱く語る
映画『柘榴坂の仇討』のプレミア試写会が9日に都内で開催され、主演の中井貴一をはじめ、阿部寛広末涼子真飛聖若松節朗監督が舞台あいさつに登壇。また、KDDIとぴあが提供するスマートフォン向けエンタメ情報サイト「uP!!!」主催で全国3会場(大阪、名古屋、倉敷)の映画館にも舞台あいさつの模様が中継された。

映画『柘榴坂の仇討』プレミア試写会その他の写真

本作は、浅田次郎の手によるわずか38ページの短編小説を映画化したもの。明治を舞台に、“桜田門外の変”で主君・井伊直弼の命を奪った“仇”を追い続ける武士と、隠れ続ける人生を送ってきたふたりの男の運命を描き出す。

中井は日本映画界における時代劇の衰退に触れつつ「真正面から日本人の心を映し出したつもりです。我々の世界で、時代劇の火を灯し続けなくてはいけません」と強い想いを口にする。また、阿部は本作の出演について「貴一さんがこの役をやると聞いて『ぜひやらせてください』と言いました」と明かし、追う者と追われる者の緊張感を出すために、撮影現場でもあえて、コミュニケーションを断っていたことを告白。「初日にいきなりトイレで会っちゃいましたけど…」と苦笑しつつも「緊張感が映っていると思う」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.