くらし情報『斎藤工、したコメ映画祭で気配り上手な“昼の顔”』

2014年9月13日 19:31

斎藤工、したコメ映画祭で気配り上手な“昼の顔”

斎藤工、したコメ映画祭で気配り上手な“昼の顔”
第7回したまちコメディ映画祭in台東が12日に開幕。翌13日、浅草公会堂にて『西遊記~はじまりのはじまり~』がオープニング特別招待作品として上映され、したコメ総合プロデューサーのいとうせいこうと、同チーフディレクターの大場しょう太が登壇。ゲストに日本語吹き替え版にて、のちに三蔵法師となる若き妖怪ハンターの主人公・玄奘(げんじょう)役の声優を務める斎藤工が姿を見せた。

その他の写真

佳境を迎えているTVドラマ『昼顔』で注目を浴びている斎藤は、その内容にかけて自ら「不倫、真っ最中です」と挨拶。『西遊記』の三蔵法師、孫悟空、沙悟浄、猪八戒の4人が出会うまでをオリジナルストーリーで描く、本作のメガホンをとったチャウ・シンチー(『少林サッカー』)のことは昔からファンだと語り、「あまりにおもしろくて自分がボイスキャストをやることを忘れて観てしまいました。進化したチャウ・シンチーですね!」と興奮気味で、彼の作品に出られるなら「脱ぎます」と宣言。

また途中、チャウ・シンチーからのビデオメッセージが流れると、スクリーン前にあった映画のポスターパネルを進んではけ、退場時にも同パネルを抱えて袖に下がるなど、気配り上手な一面を見せていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.